偽バイアクグラ、バイアグア、バイヤグラの見分け方!画像オレンジって?!

偽バイアグアに注意!通販の安全性と急ぎの危険性!
LINEで送る
Pocket

2016年10月11日とんでもないニュースが飛び込んできましたね!偽物のバイアグラです!
しかも中国から韓国を経由し日本国内へ輸入して広告販売していたというから驚きだ!
場所はあの大阪市西成区(公園で博打麻雀や博打将棋などが日々行われてる)。
逮捕された曲樹花(チュイ・シュウホア)は30万錠を所持していたとの事。

府警に情報が入ったのは、韓国から大阪へ何度もバイアグラらしき偽物が税関を通り運ばれいるとの通報をキャッチ。
その後捜査を継続していたところ、ロゴマークまで刻印していた容疑者ら3人を確認し逮捕、今回の事件に発展しました。

偽物所持の医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)、
ファイザーに似せた商標法違反、
など薬事に関連する違反や罪がたくさんついてきます。

さて今回はなぜ、効果効能のシニア薬局や通販のつるかめ薬局は安全安心なのかをご説明、解説していきたいと思います。

バイアクグラ?バイアグア?バイヤグラ?

シニア薬局でもバイアクグラと記載したりバイアグラと書いてあったりするのを見かけると思いますが、これには理由があって本来の正式名称はVIAGRAです。(Pfzer公式による)

ただ日本語に直すと、バイアグラと読めたりバイアクグラと表記してあったりの違いだけです。
(yahooでの検索ではバイアクグラの方が調べる人が多いとの理由もありますが。)
ただ商品が届いた時点でVIAGA(バイアグア)やVAIYGRA(バイヤグラ)と記載があるのはすでに偽物です。
開けずに返金クレームを入れましょう!
もしくは送り返してあげましょう!

偽バイアグアの効果やがんについて

偽バイアグアの効果は千差万別で、シルデナフィル200mgや300mgを混ぜて製造すれば、それは当然効果絶大ですね。
しかしなぜ処方薬なのか考えれば、200mgや300mgは人によっては危険性を伴うからに他なりません。
200mgや300mgと書いてある時点で偽物ですので注意しましょう。
偽物と「がん」についてですが、偽物だから癌になるとか発がん性があるとかは錠剤を調べてみないとなんとも言えません。
小麦粉を混ぜる連中もいれば、片栗粉を入れる悪徳業者もいるでしょう。(安全だけど、効果に期待が持てない。)
そして今回の逮捕事例にもあるように、常日頃から日本国内に入る医療品や医薬品等を税関で厳しくチェックを行っています。
怪しい成分などは確認し、通報、捜査が行われます。なので正規純正品は安全・安心してご利用できるのです。

しかし一方で、税関チェックによる発送手配の遅れなども問題視されています。

偽物でしかも国内で販売していた!

そもそもバイアグラは、日本国内で購入するのは医師の処方がないと受け取れない医薬品です。
上記の逮捕者にもあったように、国内で販売している時点で違法性の認識ができますね。
楽天やAmazon、雑誌の広告、ポストに入るチラシなどには充分注意が必要です。
海外からの個人輸入取引なら問題ないのですが、広告に関しても効果効能を記載するには薬事法が関係してくるので見極める事が大事です。

偽物との見分け方を解説!

ここでいくつか偽物の見分け方についてご紹介していきましょう。

まず説明書が入っていない

英語でもいいので商品についての詳細が記載しているものが同封されてます。
確認して下さい。(ごく稀にインドなどでは大手製薬によるジェネリックの大量生産が行われているので錠剤のシートだけの場合もあるようです。)

流通経緯を知る

インドなどは大手ジェネリック製薬会社が世界に名を連ねていて偽造品を作るほど暇でもありません。
インドのジェネリックは物価の関係から格安で入手が可能なので模造品などを作っていては返ってコスト倒れします。
シンガポールは国際便での税関による医薬品(成分検査)などが厳しい為、偽造品を発送するのに返ってリスクがつきまとう為、安全性が高い商品と言えるでしょう。

注意したいのは中国(香港以外)、韓国、タイ、日本国内など多様にありますが、今回の逮捕も中国経由の韓国から日本国内とありますように悪だくみをする業者は決まって中国・韓国・北朝鮮と言えるでしょう。
日本は敵みたいなものですから。

バイアグラの粒、印字や着色、溶け具合!

いくつか下記に画像を掲載させて頂きましたので本物と偽物を見比べておきましょう。

偽バイアクグラの見分け方、ボトル編!
画像はボトル型の偽バイアグラ、ボトルのシートの「100mg」の部分が濃い緑色でおかしい。
アメリカで流通しているボトル型のバイアグラは、箱のパッケージを作るよりもシートをボトルに貼るだけなので中国や韓国で偽造されやすいので注意。
上記で逮捕されたを例にしても印字がへたくそだったり、違ってたり、そして色がそもそも違うバイアグラオレンジ(ゴールド)220?妙に濃いバイアグラ(なんじゃそりゃ?シルデナフィル220も入ってたらニトログリセリン系と併用しなくても低血圧になって危険すぎるぞ。)などしっかりと注意すれば確認できたと思います。
(ちにみにインドの大手製薬アジャンタファーマ社のバイアグラ ジェネリック、カマグラは緑色です。詳しくは下記のカマグラ通販へ)

そしてもし1錠余裕があるのでしたら18度の水に45分ほど付けてみて溶け具合を確認しましょう。
あまり溶けていなかったり、妙に青色がかっていたりしたら問題だと思われます。
このようにひとつひとつ注意をしていけば偽バイアグアは見極める事が出来るのですね。
正規品のシニア薬局では薬剤師による、安心通販のつるかめ薬局を推奨させて頂いております。
シニアの方が安全安心で暮らしていけるように、今回は偽物の偽バイアグラについて解説させて頂きました。
ご参考になればと思います。ありがとうございました。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(13 投票, 評価平均値: 4.85)
Loading...
5段階評価になります。

« »

『偽バイアクグラ、バイアグア、バイヤグラの見分け方!画像オレンジって?!』への口コミ・体験談

  1. 名前:佐藤 :
    投稿日:2016/10/16(日) 13:11:18

    勉強になりました!ありがとうございます。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。