バイヤグラとは?効果から副作用まで!女性が飲むと?通販も解説!

バイヤグラとは?効果から副作用まで!女性が飲むと?通販も解説!
LINEで送る
Pocket

バイヤグラとは?!皆様の一度は聞いた事があると思いますが「バイヤグラ」とは一体どんなものなのか全てをご紹介していきたいと思います。
ここでバイヤグラをマスターして入手しちゃいましょう!
効果や注意点、正規品の通販方法やジェネリックの種類、女性が飲むとどうなるかなどをすっぱ抜きます!

注意点:正式名称はVIAGRA(バイアグラ)とも呼ばれてますが、こちらでは検索数が多いバイヤグラと記載しています。
ご了承下さい。
管理薬剤師より
シニア薬局のサイト管理薬剤師、ED薬のバイヤグラについて

バイヤグラとは?

バイヤグラとは、ファイザー製薬株式会社から販売されている世界的大ブームを巻き起こしたED薬です!
EDとは「ちんこが勃たない」「ぼっき力が弱い」「中折れする」など男性のペニスに纏わる射精障害を指します。
良く女性から「バイヤグラでも飲んだら?」と言われる男性がいるといいますが、それですね。
女性もぼっきが強い方が女性側もイク事ができます。

男性も女性が濡れてないと入らず痛くて感じてないのかな?と思ってしまいますよね。
女性も同じ思いです。
私にエロスがなくて、可愛くないからなんだと受け取るでしょう。
二人で幸せになれるようにフィニッシュを迎えなければ意味がありません。

快楽を味わう事は日常のストレス解消とアンチエイジング効果、仕事や家庭での生活力向上へ繋がります。
ED薬のバイヤグラでアンチエイジング効果!
ファイザーが開発したバイヤグラはマンネリした夫婦の性生活(セックス)を革命的に変化させました。

ファイザーは皆様もご存じの禁煙外来のCMをしている巨大企業です。
2016年の売り上げは1747億円とも言われ、世界の製薬会社の事実上トップに君臨する企業で主力商品がこのバイヤグラだ!
ファイザー製薬の青いバイヤグラの画像!

バイヤグラの効果!

バイヤグラは男性のぼっきを促し、硬く太くさせる特徴を持っている。
なんらかの射精の障害で悩んでいる男性を劇的に改善させ、女性を喜ばせる事が出来る薬として世界でブームが巻き起こった。
しかも女性もパートナーに飲んで欲しいお薬として大人気商品となっている。

バイヤグラの成分シルデナフィルクエン酸塩の効果は体内の血流を改善させるお薬です。
血管が拡張される(血管が太くなったり細かい血管が増えたりします)事で、血流が良くなります。
血圧で言えば、低下します。

高血圧になると思われる方が大勢いらっしゃいますが違います。
高血圧は血管の内腔が高い血圧に耐える為に分厚くなるとの同時に狭くなる為、悪循環を引き起こす状態です。
血管内にコレステロールなどの脂質も付着する為、動脈硬化に向かっていく恐い症状です。

高血圧はコレステロール蓄積で動脈硬化も。
動脈硬化になると、心筋梗塞や脳卒中などの危険性も考えなければなりませんが、
近年バイヤグラはⅡ型糖尿病や動脈硬化の改善、心筋梗塞や脳卒中の予防などに効果があるのではないかと言われています。
これこそが、高血圧の逆をいくバイヤグラの降圧薬効果と血管関連の万能薬と言わざるをえませんね。

バイヤグラは全身の血管拡張による効果に付随してペニスの海綿体へ血液がスムーズに流れ込むようになり、ぼっきするのですね。

その他にも、医学的用語でお伝えすると下記のような作用もあります。
ぼっきを鎮静させようとするホスホジエステラーゼ5型(PDE5)を阻害する事で、環状グアノシン一リン酸(cGMP)を増加させぼっきを促します。
ペニスの内部で海綿体の平滑筋が弛緩される事で血液が流れ込み陰茎が勃起する仕組みです。

もっと詳しく知りたい方はこちらから

副作用はどんな?

バイヤグラの副作用は全身の血管が急激に拡張される事によって起きる症状がほとんどです。
血管が大きくなり血流が改善させる事は決して悪い事ではないのですが、急激なのが問題で、どうしても体が反応し元の状態に戻そうとする為に副作用が起きます。

体の火照り・潮紅や頭痛、消化不良、鼻づまり、動悸などがほとんどです。
その中でも頭痛が起きた場合の対処として鎮痛薬との併用が可能なので1錠常備しておくと良いでしょう。
即効性のある頭痛薬だとイブクイックやリングルアイビーなどをおすすめ致します。
病院から処方されるロキソニンも併用は可能なのですが、胃腸を痛めやすいのでムコスタ錠も併用しなければならないので手間です。

副作用が強く出る症状として成分量が多いケースもございます。
後述しますが、25mg・50mg・100mgとあるので自分にあった量に調整する事も重要です。

それ以外の副作用は、主成分が効いて血管が拡張している証拠なので問題ありません。時期に収まります。

併用禁忌の注意

併用禁忌について、バイヤグラは血圧が下がるお薬です。
降圧剤系のお薬と併用してしまうと血圧を下げ過ぎて危険と言われるのはこの為で、昭和の時代に併用禁忌薬を患者に伝えずに死亡事故にも繋がりました。

併用が禁止されている薬剤
  • 硝酸剤及びNO供与剤
    (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)
  • アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
  • sGC刺激剤リオシグアト(アデムパス)

上記のニトログリセリン系硝酸剤は同時に服用する事は禁止されています。
それでもどうしてもバイヤグラを服用したい場合、掛かり付けの医師とご相談下さい。
ED薬のバイヤグラと併用禁忌のお薬

下記は併用に注意する薬剤
  • チトクロームP450 3A4阻害薬
    (リトナビル、サキナビル、ダルナビル、エリスロマイシン、シメチジン、ケトコナゾール、イトラコナゾール等)
  • チトクロームP450 3A4誘導薬
    (ボセンタン、リファンピシン等)
  • 降圧剤(アムロジピン等に症例有)
  • α遮断剤(ドキサゾシン等に症例有)
  • カルペリチド

上記は注意が必要な成分です。
降圧効果が同時に出てしまって急激な低血圧を招く恐れがある為です。
ただし、こちらはあくまで注意なので、同時に併用する事を避けて数時間を跨いで服用すれば問題ないかと思われます。
こちらも思い当たる方は医師とのご相談をおすすめ致します。

それ以外の血圧のお薬を飲まれている方は問題ありません。

1 2 3

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(4 投票, 評価平均値: 4.75)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。