ED(いんぽてんつ)になる原因や症状、4っに分類される種類について。ばいあぐらか?!

ばいあぐら ばいあぐら ジェネリック ED治療 ED原因

ED(いんぽてんつ)になる原因や症状、4っに分類される種類について。
LINEで送る
Pocket

EDとはErectile Dysfunctionの略で、男性の勃起(ぼっき)の機能低下、障害、不全の事を指します。
「いんぽてんつ」とも呼ばれていて、セックス時に射精ができない、高齢になるにつれて勃ちが弱いなどの症状がみられます。
性行為が満足に行えないのはご家庭の奥さまや、彼女、はたまたキャバ嬢などへの申し訳なさでいっぱいになります。
そして何より自分への原動活力の激減にも繋がっていきます。
深刻なお悩みであり問題です。
一体なぜEDのような事が起きるのか?原因を探ってみましょう。

心因性(しんいんせい)ED

精神的なストレスから起きる現実心因性EDで原因は様々です。
仕事上で部下に怒ったり、家庭の経済的問題や、夫婦で子どもを作ろうと排卵日によるプレッシャーもあります。
つまり過度なストレスや不安、悩みからくるEDです。
その他にも深層心因性EDと呼ばれるものがあるのですが、これは過去の幼児や少年時代のトラウマの影響で無意識のEDです。

現実心因性EDと深層心因性ED

器質性(きしつせい)ED

高齢になり、加齢からくる動脈硬化(どうみゃくこうか)のEDです。
動脈硬化になる理由は多岐に渡り糖尿病をはじめ生活習慣病(高血圧、高脂質症)、タバコを吸う方やお酒を飲まれる方も注意が必要です。
動脈硬化は血管を縮小する為、血がうまく体全体に行き渡らずほとんどが血液で出来ている陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)へも血が通いませんから必然的なEDと言えるでしょう。
その他にも中枢神経(ちゅうすうしんけい)からくるEDとして、神経に障害があると信号が送られずペニスが反応しない症状などもあります。
脊髄(せきずい)の神経や、外部からの前立腺肥大にも特に注意が必要です。

高血圧、糖尿病、高脂質症からくる器質性ED

混合型ED

上記二つで述べた、心因性EDと器質性EDを合わせもったEDです。
50代や60代の方は精神や持病の両方からのEDが圧倒的に多く、現代のストレス社会にも問題があるような気がします。
うまく体と心が対応しきれない方はこちらのEDと思われます。
片方が改善されてももう一方が発症しているので完全に治癒する事は難しいかもしれませんが、病は気からというように気持ちを切り替える事も大切です。

薬剤型ED

こちらは服用しているお薬が原因のEDです。
抗うつ剤などを服用していると薬がないと精神が不安定になったり、降圧剤でも血流が穏やかにさせるお薬なのでEDになりやすい医薬類といえます。
その他の例ですとAGA治療薬のプロペシアやミノキシジルもホルモン剤としてEDになりやすい傾向にあると言われています。
睡眠薬も、向精神薬と一緒で興奮を抑える作用がありますのでEDを促進すると考えられています。

如何でしたでしょうか。
たくさんのEDについて掲載させて頂きました。
それでは次にシニア薬局でED治療薬としてどんなものがあるのか見て行きましょう。

ばいあぐらやレビトラ、シアリスと世界の3大ED治療薬でお悩みだった事が女性を虜にします!

ED(いんぽてんつ)になる原因や症状、4っに分類される種類について。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(13 投票, 評価平均値: 4.92)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。