バイアグラとは一体どんなお薬なのか歴史から見ていこう。シニア薬局

バイアグラ

【シニア薬局】バイアグラとは一体どんなお薬なのか、歴史から見ていこう。
LINEで送る
Pocket

バイアグラの歴史

1990年の始め、バイアグラの成分シルデナフィルは元々は狭心症(きょうしんしょう)の治療薬として研究が進められていましたが臨床試験(りんしょうしけん)で効果が見られず断念。
しかし、被試験者(ひしけんしゃ)がシルデナフィルを研究医に返したがらず訳をきいた所、服用し性の想像をしたら思わぬ勃起効果が表れた!
これに目を付けたのがファイザー社。
EDの治療薬として研究・開発を進め1998年にアメリカにおいてバイアグラとして発売。
効能は勃起不全(ぼっきふぜん)の解消、インポテンス(いんぽてんつ)の改善などで爆発的にヒットした。

バイアグラとは

バイアグラとは2000年代前後から、ED治療薬として世界的にヒットを飛ばし続けている商品で社会現象にもなりました。
日本でも1998年に個人輸入する人が増え続けいたが、硝酸塩薬(ニトログリセリン系)を処方されている患者さんが服用するとセックス後に心停止する事件が相次いだ。
その為急きょ厚生労働省は、臨床試験を行うことなく医者から処方されないと手に入れる事ができない医薬品として承認されました。
それだけバイアグラの効果・効能は凄まじく、「夢の薬(ゆめのくすり)」「画期的新薬(かっきてきしんやく)」として今も世界中の人に愛され続けています。

即ご購入をお考えの方はこちらから通販へ!

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(15 投票, 評価平均値: 4.93)
Loading...
5段階評価になります。

»

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。